読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツルンとした卵肌にひとこと言いたい

30代ずぼらOLが本で見たりネットで見つけたりした自分が気になる美容情報をつづってます。

本日も得した気分になる?美しくなる方法の情報を綴ってみました。

身体の中のあらゆる部位において、次々と酵素によるコラーゲンのアミノ酸への分解と種々の酵素による再合成が繰り返し行われ新しいものにチェンジされています。老化が進むと、この絶妙な兼ね合いが失われることとなり、分解活動の方が増えてきます。

保水力のあるヒアルロン酸はコラーゲンおよびエラスチンから構成されたネットワークの間をしっかりと埋めるように存在していて、水を抱えることにより、みずみずしい若々しいハリのある美肌へ導いてくれるのです。

ヒアルロン酸の量は乳児の頃が生成量のピークで、30代を過ぎるころから急激に減少し始め、40歳を過ぎると赤ちゃん時代と比較してみると、5割程度にまでなってしまい、60代の頃には大変少なくなってしまいます。

水をカウントしない人間の身体の約50%はタンパク質で占められ、そのうちの35%前後がコラーゲンです。コラーゲンの主要な役目として知られているのは体内のあらゆる組織を形作るための構成材料として利用されることです。

お肌の真皮と呼ばれる層の7割がコラーゲンで形成されていて、細胞間にできた隙間をきっちりと埋めるように繊維状に隙間なく存在しているのです。肌のハリを維持し、シワのない美しい肌を守り続ける真皮の層を構成する中心となる成分です。

結構耳にする高機能成分セラミドは、肌の新陳代謝の過程で生み出される“細胞間脂質”であり、3%ほどの水分を抱き込み、個々の細胞を接着剤のようにくっつける大切な役割を持っています。

敏感な肌や肌がカサカサになる乾燥肌で悩んでいる方に大事な情報があります。あなたのお肌の状態を更に悪くしているのはもしかしてですが今お使いの化粧水に含まれた添加物の可能性があります!

老化が引き起こすヒアルロン酸保有量の低下は、肌の瑞々しい潤い感を甚だしく低下させる以外に、皮膚のハリも奪い乾燥しやすい肌やシミ、しわが発生する要因 になる恐れがあります。

タンパク質の一種であるコラーゲンという物質は柔軟性に優れた繊維状で存在する組織で細胞をしっかりと接着する機能を果たし、ヒアルロン酸という物質は繊維で構成されたコラーゲンの隙間を埋める形で、水分の蒸散を阻みます。

肌がてかてかしがちな脂性肌の人、痒みを伴うこともある乾燥肌の人、更に両方を併せ持つ混合肌の人までもいます。各人に合った保湿化粧品が販売されているので、あなた自身の肌に合っているものをチョイスすることが求められます。