読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツルンとした卵肌にひとこと言いたい

30代ずぼらOLが本で見たりネットで見つけたりした自分が気になる美容情報をつづってます。

本日もなにげなーくつやつや美肌になるケアについて調べています。

「無添加の化粧水を使用しているから安心できる」などと油断している方、その化粧水の何が無添加か確認しましたか?実のところ、1種類の添加物を無添加としただけでも「無添加」の製品として構わないのです。

化粧水を顔に使う際に、だいたい100回くらい手で押し込むようにパッティングするという方法があるようですが、このつけ方はやらない方がいいです。敏感肌の方は特に毛細血管を痛めることになり俗に「赤ら顔」と言われる症状の要因になることもあります。

年齢を重ねることや日常的に紫外線に曝露されたりすることにより、細胞を支えているコラーゲンは硬く萎縮したり体内含有量が低下したりするのです。このような現象が、肌の硬いシワやたるみを作り出す主な原因になります。

体内の各部位においては、絶えず古くなったコラーゲンのアミノ酸への分解と再合成が繰り返され代謝を行っています。加齢によって、この均衡が衰え、分解される割合の方が増加してきます。

若さを維持した健康な状態の皮膚にはたっぷりのセラミドが含まれているので、肌も瑞々しさに溢れしっとりつやつやしています。けれども、加齢と共に肌のセラミド含量は減少していきます。

はるか古の美女として現在までも語り伝えられる女性達がプラセンタを美しさに磨きをかけることと若々しさの維持に期待して愛用していたとされ、はるか昔からプラセンタの美容に関する有効性が知られて活用されていたことがうかがい知れます。

美容液とは基礎化粧品の中の一種であり、洗顔料で顔を洗った後に、化粧水で水分を十分に浸みこませた後の皮膚に使うというのが代表的な用法です。乳液状の製品やジェル状美容液などが存在します。

洗顔後に化粧水を顔につける際には、まずちょうどいい量をこぼさないように手のひらに出し、温めていくような感じを持って手のひらいっぱいに広げ、顔全体に万遍なくやさしくそっと馴染ませていきます。

水分以外の人の身体のほぼ5割はタンパク質で占められ、そのおよそ3〜4割がコラーゲンとなっています。コラーゲンの大切な役目として知られているのは身体や臓器などのあらゆる組織を作るための構成成分になっているという所です。

ヒアルロン酸の水分を保持する能力の関係についても、セラミドが角質層において首尾よく肌を守る防壁機能をサポートできれば、肌の水分保持機能が高められ、ますます弾力のある瑞々しい美肌を守ることができるのです。